憧れの女上司と 篠崎かんな

月額

憧れの女上司と 篠崎かんな

僕の直属の上司、篠崎さん。優しく厳しく僕に指導してくれる。今日は二人で地方で営業回り。なんだかんだで時間が過ぎ、気付けば終電を逃してしまっていた。やっと見つけた旅館は1部屋しか空いておらず、仕方なく僕達はこの部屋で一夜を過ごすことになってしまった。早速風呂に入り部屋に戻ると食事が用意されていた。食事をいただきお酒を頂く。気がつけば二人とも結構飲んでしまっていた。すると篠崎さんから旦那さんの愚痴が。僕はぼそっと篠崎先輩のそうゆうところが可愛くて好きなんだけどなぁと呟いてしまっていた。それから暫くすると篠崎さんは酔いつぶれてしまっていた。布団へ運ぶと僕を旦那さんと勘違いしたのか篠崎さんが抱きついてきた。本当は嬉しかったが、やはりマズイと離れようとすると、少し真面目な顔で、さっき好きって言ったのは本当?と聞き目を閉じた。僕はたまらくなり彼女へキスをした。それはまるで夢のような、憧れていた女性となんども愛し合った。翌朝僕は彼女のキスで目を覚まし、昨日のことが夢ではないと実感した…。

熟女月額

篠崎かんな

憧れの女上司と 篠崎かんな動画

タイトルとURLをコピーしました